株式会社メディアコネクション開催セミナー

TEL:03-6869-3023

  • 20191119日(火)
    鹿児島開催

メディア戦略は経営者の間でも最も重要な課題のひとつ

海江田 講演風景モノクロ

21世紀、経営のカギを握るのは企業が行なう「情報発信」です。

「情報発信」で後れをとった企業と実践した企業には大きな差がつきます。

つまり、「情報発信」の巧拙が企業の繁栄を左右するのです。

また、企業における「情報発信」への取り組みは、ほかの様々な課題、例えば営業力が弱いとか、社員のモチベーションが低いとかと、同列に語ることはできません。他にどんなに重要な課題があろうと、「情報発信」はそれとは別に、必ず取り組まなければならない最重要実践課題なのです。

いったい何故でしょうか。

それは、御社がやらなかったとしても、ことの重要性に気付いたすべての企業が、いずれこのテーマに取り組み始めるからです。そうなってからでは遅いのです。

現段階で、この課題に気付いている企業は少数派ですので、今取り掛かれば大きなアドバンテージを取ることができます。

私は、いち早く「情報発信」の重要性に気付き、それを実践することで自身の事業において大きな成果を出しています。これは、莫大な「広告宣伝費」を投下した効果に匹敵します。そのエッセンスを抽出体系化した当セミナーでは「情報発信」に関するノウハウをショートカットで知ることができます。

今回は、その大きな流れとポイントをわかりやすく解説いたします。中小企業を専門に「情報発信」の重要性とそのノウハウを解説したセミナーは、全国でもここだけのものです。他では絶対に聞けないこのコンテンツ。ぜひこの機会に勉強なさることをお勧めします。

《参加特典》 ご希望の方は後日無料で個別コンサルティングを行います

業績を確実に向上させる我が社の情報発信、5つの戦略とは…

  1. 【戦略Ⅰ】今、地方企業に必要とされるのは「販売戦略の構築」

    • 地縁血縁社会からの脱却を決断する
    • 時代は何を求めているかを知る
    • 広く売り込む、強く売り込むことへの挑戦
    • 営業力と販売促進力という2つの課題
  2. 【戦略Ⅱ】なぜ、時代は今「情報発信」なのか、広告宣伝との相互補完

    • 誰も知らない我が社の存在
    • 「潜在的な思い」は決して伝わらない
    • 広告宣伝との相違点を知る
    • 中小企業が大企業と、地方が都会と戦える時代
  3. 【戦略Ⅲ】何を「情報発信」すればいいのか、埋もれた企業資産は宝

    • 有形無形の企業資産を棚卸し
    • 企業資産を評価、検証し仕分けして見えてくるもの
    • 商材ではなく「人」に着目する
    • 単なるエピソードをストーリーへと変換する
  4. 【戦略Ⅳ】どう「情報発信」すればいいのか、アナログとデジタルの融合

    • 発信基地としてのHPを充実させる
    • SNSへの積極的、戦略的参加と活用
    • ブログ、コラムの執筆を習慣づける
    • 地方メディアへの打診と出演、その反響と効果
    • オムニチャネル化することによる多層的、多重的展開
  5. 【戦略Ⅴ】「情報発信」その効果と高度展開、成功事例は雄弁に物語る

    • 実践する経営者が少数派である理由
    • 情報発信の巧拙でビジネスが逆転する怖さ
    • 社長の情報発信のコツと注意点
    • 社長の情報発信にみる大きな特徴とその効果
    • サービス業、農業、流通業、教育事業・・・次々と起こり始めた成功事例
海江田 博士

■専任講師/メディア高度活用コンサルタント海江田 博士(かいえだ ひろし)

広告における「地方メディア」の高度有効活用を専門とするコンサルタント。

東京のマーケティングビジネス経験と地方企業への経営支援ノウハウを融合。「地方メディア」が絶好の媒体であることを発見。自らも様々な「地方メディア」に出演し、超過疎地にも拘らず売上を2倍に伸ばす。 FMラジオの経営者向ビジネス番組は4年を超え現在も継続中。この「地方メディア」を利用した独自の「儲かるための広告戦略」を全国展開するため東京銀座を拠点に(株)メディアコネクションを設立。現在、同社社長。

マーケティングビジネス、東京のクライアント:野村総研、三菱総研等シンクタンク。鹿島建設、大成建設、東急グループ等ゼネコン及びデベロッパー。その他、積水化学、東京電力。なお、野村総研が下請調査機関70%を整理縮小した際トップ評価で残留。地方では税理士として250社を超える中小企業の経営支援を行っている。
1952年生まれ、中央大学商学部卒。

開催概要

201911月 鹿児島開催 【受付開始】
開催日時 20191119日(火) 13:30~16:30
会場 天文館ビジョンホール 5F・Aホール
〒892-0842 鹿児島県鹿児島市東千石町13-3 
TEL 099-292-8500
参加費
  • 8,000円(税込)/1名様
  • (テキスト・資料代・消費税を含む)
定員 定員20名様
※満席になり次第、締め切らせていただきます。
主催 株式会社 メディアコネクション(お申込み・お問合せ先:海江田経営会計事務所)