• 〒104-0061 東京都中央区銀座6-13-16 銀座WallビルUCF501
  • TEL : 03-6869-3023

連載コラム MCコラム第28話 社長に与えられた数少ないチャンスを活かすのはやはり社長!  Ⅱ

 

理念についての勉強や、モチベーションアップの研修などについても同じことです。

こういったことについていくら社内で勉強し努力したとしても、それは内側の話であって、対お客さんということでいえば、その時点では全く関係がないのです。

つまり、この手の勉強や研修は、後ほど間接的には効果が期待できるかも知れませんが、直接的にはお客さんに対して何ら影響を及ぼすものではありません。

それは基本的には、方向軸が内側に向かって行なわれるものであるからにほかなりません。

 

それでは、「対お客さん」ということで直接効果のあるものは何でしょうか。

それは言うまでもなく、広告宣伝をはじめとする販売促進活動であり、直接売り込む営業活動です。

これらの研究や勉強は直接対お客さんを意識したものであり、その方向軸が外側に向かったものなのです。

 

販売促進や営業活動についても、どうやれば効果的か、といった研修やセミナーも多く行なわれています。

もちろんその内容についても、最終的には経営者が指揮権を発動し、リーダーシップを発揮することでその効果が上がるように構成されています。

 

ただ、これらの場合、当たり前のことですが「組織を動かす」ということが前提となっています。

販売促進にしても営業活動にしても、そのコンサルティングは組織の一員としての社員が動かなければ機能しないような内容になっているはずです。

そういう意味では、先述の経営計画や理念の勉強ほど「間接的」という訳ではありませんが、組織に落とし込み組織が動き出す、のに多少のタイムラグがあるのです。

 

 

つづく