• 〒104-0061 東京都中央区銀座6-13-16 銀座WallビルUCF501
  • TEL : 03-6869-3023

連載コラム MCコラム第88話 社長、その情報発信は未来に繫がっていますか?―情報発信は過去の報告ではない―  

 

 

以前にも書いたことですが、私がお勧めしている社長の情報発信の内容は、単に会社の「社史」とか「社歴」といったものではありません。「社史」や「社歴」を最もわかりやすく表現したものは「年表」といったことになるのでしょうが、それは私が申し上げる情報発信とは、全く異なる意図による成果物です。

 

もちろん会社の「今」は、そういった歴史の土台の上に成り立っているので、全く無視していいというのではありません。「年表」というのはいわばデータです。見やすくわかりやすく、これまでの事実が羅列されています。そこからくみ取れるのは、時代背景とそのとき存在した会社の実態です。

 

私がお勧めする情報発信は、いわばその「データ」に魂を吹き込むような作業です。その歴史の節目節目に学習し、積み上げられた無形の企業資産を、ストーリーとして成形し直し、世の中に送り出してみましょう、という試みなのです。

 

そうすると、私が唱える情報発信について「そうか、我が社の過去の様々な事実について整理しまとめてみればいいのですね。」と、やや早とちりする方がいらっしゃいます。もちろん、それはそれで必要なのですが、それだけでは不十分なのです。

 

社長の情報発信には何が必要なのか? 一番肝心なことは何なのか?・・・そのリトマス試験紙、というか判定基準は「未来に繫がっているか?」ということなのです。私がお勧めする情報発信は、単なる報告作業ではありません。

 

例えば私は、自分が経営している別会社で定期的に「会計ニュース」といったものを配信しています。これは猫の目のように変わる会計のルールや制度、その処理方法などをタイムリーに顧客にお知らせしようというものです。内容としては、考えて書くというよりは、いち早く業界で配信される最新情報を取捨選択してほぼそのままお知らせするのです。多少、わかりやすくするためにリライトなどもしますが、どちらかといえばスピード、つまり適宜制の方を優先します。

 

この作業は、会社の若手社員に任せています。私がやる必要のない事ですし、若手のいい勉強にもなるからです。賞味期限も短く、次の制度改正といったことがあれば単なる旧いデータにすぎなくなります。これなどは緊急性があり大事な情報ではあるけれどもトップがやる必要のない情報発信と言えるでしょう。

 

社長が心掛けるべき情報発信は、過去から現在に承継され、やがて未来へと繫がるストーリーの発見とその発信です。こんな言い方をすると難しく捉えられそうですが、そんなことはありません。

 

例えば会社の歴史上過去のある時期決められ、今も伝わっている「経営理念」のようなものがあったとしましょう。それについて書こうとするとき、その理念が何故現在も生き続けているのか、それは未来へ向かって生き続けられるものなのか、といった再考や検証は、過去から現在、未来をも含んだ重要な確認作業です。しかもこれは社長にしかできない仕事なのです。

 

また、例えば新商品なり新規事業なりについて発信しようとするとき、それを何故今開発しようとしたのか、これまでの会社の歴史の中どういうポジションになるのか、その将来性はどうなのか、といった切り口は不可欠でしょう。社長はこういった一連流れを俯瞰的に見ることのできるポジションにいます。

 

これが、現場の開発責任者の立場ではそうはいかないでしょう。つまり、会社が行なう様々な新しい取り組みに対して、経営者は常に時系列的かつ大局的に見ることのできる位置にいるのです。情報発信の際もこのポジションを逸脱しないよう心掛けるべきです。

 

こうやって書いてきますと、社長のやるべき情報発信の輪郭がかなりはっきりと見えてくるのではないでしょうか。それは単なる報告やデータの提示ではありません。広告宣伝とも違います。ましてや自慢話などとは完全に一線を画すものです。

 

とはいえ、いつもいつも重たいストーリーというのもしんどいでしょうから、ときには、ちょっとしたエピソードのストーリー仕立てといった小さなお話であっても全くかまいません。ただ、それは常に何かしらの形で「未来へと繫がったもの」であるべきで、またそうでなければ、「社長の情報発信」は魅力がないのです。