• 〒104-0061 東京都中央区銀座6-13-16 銀座WallビルUCF501
  • TEL : 03-6869-3023

連載コラム MCコラム第9話 メディア発信力が企業の盛衰を決める時代 Ⅰ 

 

 

これまでもずっと言い続けてきたことですが、ビジネスというのは顧客に支持されてはじめて成立します。

「顧客の支持」というのは、これまた当たり前のことですが、

「こちらの提供する商材やサービスを受け入れてくれた上で、対価を支払ってもらうこと」

を指します。

対価の回収(通常は金銭での)まで含めて完結しなければビジネスとは言えません。

 

しかし、実際のビジネスにはこれ以前に「助走期間」があります。

つまり、提供する商材やサービスを受け入れてもらう前に、まず知ってもらう、というプロセスがあるのです。

ここの手順を踏まなければ始まりません。

 

商売というのは、何といってもこちらの存在を知ってもらわなければ、顧客の支持も何も始まらないわけです。

以前は、ここのステップについて格別努力する必要がありませんでした。

特に地方の場合、以前にも書いたように、商売においても地縁血縁関係をベースにしておりましたので「知ってもらう」という努力の必要性が薄かったのです。

 

ところが、現代は全く異なる状況になってきました。

こちらの存在を、より広く、より深く、より正しく知ってもらうということが極めて重要な時代になったのです。

この「より広く、より深く、より正しく」というのには、それぞれちゃんとした意味があります。

 

つづく