• 〒104-0061 東京都中央区銀座6-13-16 銀座WallビルUCF501
  • TEL : 03-6869-3023

連載コラム MCコラム第201話 アフターコロナの世界を想定する―今準備すべきこと、慣れておくべきことを考える―

 

今世の中は、新型コロナウイルス禍への対応に追われている真っ最中です。これがまだまだ広がっていくのか、収束へ向かうのか全く予断を許しません。

しかし、そんな中でも冷静な経営者は、アフターコロナへと意識を切り替え始めているはずです。

いったいどんな世の中がやってきて、ビジネスの世界はどういった方向へと変革するのか、多くの経営者が真剣に考えていると思います。

私もその一人ですが、その世界観がそう簡単に掴めるとは思えません。考えてみれば、そういった先の話を想像或いは予言したところで、あまり意味のないことなのかも知れないのです。どちらかといえば、今回の新型コロナウイルス禍に関係なく、これまで未来に対して想定していたこと、手掛けようとしていたこと、準備していたことを加速させる、という行動の方が現実的で堅実な一歩と言えるのかも知れません。

例えば、「ウエブ環境をもっと整備しなければ、他社に比べてうちは遅れているからなあ・・・」とか「戦力にならないおじさん窓際族を、先代からの義理でおいていたけど、ここではっきりと整理するか・・・」とか「導入しようかどうか迷っていたシステム関係のソフトをやっぱり取り入れよう・・」とか、これを機会に自分で自分の背中を押しさえすれば、やろうと思っていた数々の課題の進行を一気に加速させるチャンスでもあるのです。

そうやって普段から想定していた多くの課題は、おそらくいずれもアフターコロナにおいて必要なものばかりのはずです。

何故ならば、そういった問題案件の多くは旧世界からやむなく引きずってきたものであり、これを変えないことには、コロナ問題があろうがなかろうが、次の時代に対応できない課題、つまりいずれ解決する必要があるものばかりだったからです。

私の場合、コンサルティングの仕事は、それそのものが未来形のテーマで取り組んでいますので、それほど問題はないのですが、もう一つのビジネスである会計事務所の方は、旧来の考え方や手法から脱皮しなければ未来はない、という課題だらけの業界に所属しています。ただ、私の場合こちらの分野も未来形の仕事については、早い段階からある程度考え研究し準備もしてきましたので、それらの課題に具体的に手をつけていくだけのことです。

問題は、そういった課題に対して、全くなんの発想もなければ準備の一つもやってきていない経営者やその経営者が営む事業ということになります。こういった経営者は、これまでやってきたやり方以外には考えたこともなければ、新しいことを仕掛ける気もないので、このままではアフターコロナの世界がかなりガラリと変わることを受け入れられないと思います。

とはいえ、手をこまねいてばかりもいられません。アフターコロナの世界に関して、特に何の発想も準備もしてこなかった経営者であったとしても、今すぐできることがあります。そのすぐ取り掛かるべきテーマを、私はこういった経営者の方々にお示ししたいのです。

それは、私がかねてから推奨している「情報発信(アウトプット)」ということになります。現状において、アフターコロナに関して何の発想もアイデアもない経営者であれば、おそらくこれまで「情報発信(アウトプット)」にも手をつけていないと考えられます。というのは、「情報発信(アウトプット)」をマメに行なっていた経営者であれば、そこの発想がまるでない、ということはあり得ないからです。

「情報発信(アウトプット)」というのは、インプットした知識や情報、経験値などを、考え咀嚼し、成形し直さなければできない作業になります。そのプロセスにおいて、かなり物事を深く考察しますので、そこで例えば「未来への発想」といったテーマがまるで欠落するということはあり得ません。

「情報発信(アウトプット)」を続ける中で、将来どうあるべきか、というのは、考えるテーマの中での必須アイテムの一つだからです。

といったような効用もあるので、私は普段から「情報発信(アウトプット)」を実践してもらいたい、とお勧めしてきたのです。

ただ、新型コロナウイルス禍の真っ最中である現在、「情報発信(アウトプット)」の様々な効用などと、そんな悠長なことは言っていられません。まだ「情報発信(アウトプット)」を実践していない経営者の皆さんは、これを機会に一刻も早く取り掛かっていただきたいのです。

新型コロナウイルス禍に遭遇して、私がつくづく気づかされたのは、事業がどういう状況にあっても「情報発信(アウトプット)」は、必要であり重要なアイテムである、ということです。特に、今回のように非常事態の場合は、各事業がその対応策や新規の取り組みについて、素早く世間にお知らせしなければなりません。そういった発信がなければ、こちらの試みになど誰も気付かないからです。

つまり、事業を遂行し続けるにあたって「情報発信(アウトプット)」というのは、なんでもない通常時でも今回のような非常事態のときでも、止めることのできない常に必要な取り組みであるということなのです。

事業活動を続ける中で、「情報発信(アウトプット)」をそういったポジションに位置付けている経営者はまだ少ないのではないでしょうか。現在、自らの事業がどういう状況なのか、何をやろうとしているのか、を知らせるために、また、アフターコロナに際しては、どういった事業のあり様を想定すればいいのかを探るためにも、「情報発信(アウトプット)」は欠かせない事業活動の重要アイテムとして、真剣に向き合っていただきたいと思います。